スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳山麓の7月(2)-2017


富士山も南アルプスも八ヶ岳も、空梅雨でも雲に覆われてることが多く、なかなか顔を見せない。見えたときはあちこちに撮りに行くことになる。
170705A-010-tui.jpg

三峰の丘。「撮り鉄」の方々にはそこそこ人気の場所。
付近を歩こうと車を停めたら踏切が鳴り出した。急いで構えたら幸運にもスーパー梓。
170703B-022-tui.jpg

梅雨のど真ん中、一日だけものすごく抜けの良い快晴の日が。日差しは完全に真夏のもので田圃の緑は眩しいほど。。
170619A-008-tui.jpg

170717A-026-tui.jpg

南アルプス北岳
170705B-005-tui.jpg
夕方の散策時の小海線。単車が微笑ましい。
170708B-008-tui.jpg

170705B-002-tui.jpg

日没直前の小海線。小淵沢付近。
170716A-002-tui.jpg

スポンサーサイト

八ヶ岳山麓の7月(1) -2017


空梅雨で、真夏のような暑い日が続いたが、やはり梅雨前線の影響なのか、高い山には一日中雲のかかった日が多かった。
170705A-016-tui.jpg

午後になると、雲は刻々と湧き、形を変え、流れ、流れては消える。あきない。梅雨時の晴れ間はいいもんだ。
170714B-004-tui.jpg

明野のひまわり畑。まだまだ観光の一角だけ。本格的にはこれからだろう。
170716B-008-tui.jpg

170716B-006-tui.jpg

梅雨時は、高い湿気のせいで劇的な夕焼けになることがままあると聞いてたが、たった一度。
170705A-035-tui.jpg

里山の畦道は、マクロレンズ一本持って歩くと楽しい。が、実際には上を向いて刻々と変わる雲を見、下を向いては山野草や蝶を見ることになり結構忙しい。
170703B-031-tui.jpg

170703B-028-tui.jpg 170703B-038-tui.jpg

170713B-001-tui.jpg

麦は間もなく刈り取られ、夏から初秋に向けては蕎麦のしろいう花が一面に咲くことになるはずだ
170617B-010-tui.jpg

これもつるし雲の一つか?こんなのが富士山か南アルプスの上に出てくれたら。
170703A-013-tui.jpg


八ヶ岳山麓の初夏 2017(2) 小海線

周辺の田植えが終わり、緑がもっとも美しく映える季節で、朝の緑は大変爽やかで気持ちがいい
170610A-035-tui.jpg

170603A-029-tui.jpg

最も日が長い時期で、日の入りは北に寄ってしまうので、南アルプスと夕焼けを背景にはできないが、日替わりで背景の変化が楽しめる。空振りもけっこうあるが。
170611A-031-tui.jpg

170603A2-009-tui.jpg 170609A-018-tui.jpg

170617A-024-tui.jpg 170617A-007-tui.jpg

170617A-007-tui.jpg

170612B-011-tui.jpg

7月から、野辺山での星空鑑賞を盛り込んだ観光列車が走るそうだが、この辺りだって星空はいいよ。
170616A-028-tui.jpg

プロフィール

風 ; Furaibo

Author:風 ; Furaibo
通勤なし、期限・締切なしのゆるゆる生活に少しでもメリハリをと、カメラを持ってぶらぶら。富士山、桜、アルプス、四季の風景、何でもあり。それにしても日本の四季はほんとに美しい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。